スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

ヨガ「坐骨で座る」

【坐骨のつきさしかた突き刺し方がわかる】
今日は、ヨガのレッスンを受けていて大きな前進があったかもしれません。左側の坐骨の突き刺し方がわかりました。 これは、ヨガのレッスン単体でわかったことではなく、ダンス、エアロビクスのレッスンで教えていただいたこととの合わせ技なんですけどね。これはまた別に書きます。

【くつろぐ時間】
ヨガのレッスンの始めは、マットに座って、インストラクターさんから数分の短いお話を聞いています。今回初めてそのヨガを受ける方がいるかどうかを確認して、その方のために簡単な説明をしたり、または今日のレッスンの紹介や、たまには世間話などもあります。

【つかめない坐骨】
座った姿勢をとるときにインストラクターさんがいつもおっしゃるのは「坐骨があるのはわかりますか?その二つの坐骨をマットに突き刺すようなつもりで均等に体重をかけて座ってください。」という説明。私はそう出来るように背筋を伸ばしたり、左右に体をずらしてみたりして、それなりに出来ていたつもりでした。でも、本当のことを言うと、何となく左右均等になっていないような、体がぐにゃっとなっているような居心地の悪さみたなものを感じながらも、どこがどうなっているのかはわからないまま試行錯誤して座位をとっていました。

【筋肉をさぐりあてた】
しかし、今日は違いました。いろいろなレッスンで聞いていた注意点や自分で試してみたいことをした結果
①私は右の坐骨はいつも突き刺せていた
②私は左の坐骨をマットに突き刺すように出来ていなかった<
③左の坐骨を突き刺すための筋肉をさぐり当てられたようで、左の坐骨を突き刺せるようになりました。
④更に、左右の坐骨を同時に突き刺せるように体を持っていくと、ふたつの坐骨の間で自分の上半身がゆらゆらと保つみたいで、なんだかとってもおもしろいです。

【今回のまとめ】
①ヨガで座るという姿勢のスタートにつけたようです。
②姿勢は骨で保つ。骨は筋肉で支えるということが実感できた。これは、「骨トレ」の本に書かれているまさに「骨子」でもあります。

スポーツクラブの中の広告

【気になります】
スポーツクラブのあちこちに、広告が貼ってありませんか?私が通っているスポーツクラブでは、トイレの個室の中に貼ってあります。つい読んでしまうので、宣伝効果は抜群ですが、私は誤字脱字や言い回しに気がつくと、「むぅ〜」と凝視してしまい、肝心の宣伝内容が頭に残りません。

【出来れば校正して】
あの文章を考えているのは、各店舗のスタッフさんなのでしょうか?それとも全国とか、関東エリア、関西エリアみたいなグループ別で作成しているのでしょうか?出来れば、「ら」抜きとか、前後入れ替えたほうが文脈としては良いよとかを見直していただけば幸いです。

【商品あれこれ】
さて、宣伝している物の中で、シューズとかウェアの値下げ情報は「ふむ。ショップを見て帰ろう。」と思いますが、サプリとかプロティンについてはあまり興味がありません。理由は、筋肉をどうするこうするということに今のところ差し迫った必要を感じていないからです。

【会員さんは試した】
しかし。すごい話を聞きました。顔見知りの会員さんが大きめのボトルを持ってスタジオに入ってきたので、「何を飲んでいるの?」と聞いたところ、この店舗で売っていたサプリorプロティンを飲んでいると。そして、体脂肪が7%落ちたと言うのです。体脂肪が7%ですよ!?うらやましいです。本当に。私から体脂肪が7%減ってくれたら、◯◯%になるじゃん!!

【効果絶大】
失礼ですが、その話を聞いて改めて会員さんを見てみたら、確かに「小さく」なっている。と言うか、「若さ」が出ています。どう表現したら良いのかな・・・。そう、「おばさんっぽさが無くなっている」感じです。私たち中高年の体格が割と良いタイプの人は、脂肪がついてきて、体がもっちゃりしてくると書いたら伝わるでしょうか?そのもっちゃりした体型が、スッとした感じに変わっていました。

【今回のまとめ】
①誤字脱字を今後もしかめっ面で見てしまうでしょう
②どうしても困ったらスポーツクラブの商品買います

スポーツクラブ好きの運動不足

【お休みしました】
用事があってスポーツクラブはお休みしました。こういうとき、気になるのが運動不足です。自宅で筋トレはしていますし、簡単なストレッチもしてみますが、スポーツクラブへの往復も大事な運動量ですから、スマホで確認してみると、徒歩数などは十分の一ぐらいしかありません。スポーツクラブに行かない日の運動不足について考えます。

【体がどよんとする】
用事とか、怪我や体力の回復を期待してスポーツクラブをお休みするものの、布団の中で過ごすということはありません。何かしら動いていたり、外出することもあります。それでも、一日過ぎる頃には、「あぁスポーツクラブに行って動きたかったなぁ」と思うのです。体がどよんとするという感じです。

NHKの「ガッテン」】
ところで、先日テレビを見ていたら、頭の中で運動をするイメージを持つだけで、筋肉の衰えをゆるやかなものに出来るという話をしています。NHKの「ガッテン」を見ていたら、普段運動の習慣がある20代の女性ふたりに快適な環境が整った室内で過ごしてもらったらどうなるか?というプチ実験をしていました。肝心の番組タイトルを忘れてしまって、検索したら「 これが世界最先端!“認知症”予防SP」の回だったように思います。脳の中のアミロイドβというものは排出したほうが良いものらしく、これがたった一日運動をやめて過ごしただけで増えてしまっていたという話だったかな。もしかしたら、体がどよんではなく、頭がどよんなのかも。

【みんなも知りたい?】
この「 これが世界最先端!“認知症”予防SP」の話をネットで読むと、有酸素運動が回り回って脳に良いようなんですが、自宅でご近所迷惑にならないように、また体にあまり負担がかからないように出来るものがないかなぁと、これもネットで探してみたら、ありますね。同じことを考える人がいました。

【ヨガだった】
人気の有酸素運動はヨガだそうです。そうか、ヨガか。これなら、ご近所迷惑にはならないですね。スポーツクラブで教えてもらったヨガを好きな音楽をかけてやってみることにします。自分の記憶に頼りたいのは、スポーツクラブの雰囲気を再現したいからです。また、DVDなどで見ながらすると、手順がわかって良いとは思うのですが、つい画面を見てしまうので首が痛くなりそうなので、これはやめておきます。

【今回のまとめ】
①運動しない日も運動したい
②室内で静かに出来る有酸素運動はヨガだった

ヨガにも流行りがある?

【「心の持ちよう」を説かれる】
最近、インストラクターさんが、心の持ちようと言いますかヨガ中にどういうことを頭の中で考えていれば良いのか、考えなくて良いのかという話をされることが増えた気がします。以前はそういうことに言及していなかったと思います。インストラクターさんの中で何かあったのかな?

【次の段階へ行くのか?】
スポーツクラブのプログラムは、例えば土曜日の3時からと決まっているものですから、そこに参加出来る人の中で、そのプログラムを選ぶ人というのはどこの店舗でも顔ぶれが決まってくると思います。先生がその店舗でそのプログラムを始めたときには、全員が新しく始めていく会員さんですが、半年とか一年続いていくと、多くの会員さんも半年、一年と続いている会員さんということになります。半年〜一年間、ヨガを続けていれば、どの会員さんも積み重ねた分だけ上手になってきている。慣れてきます。そこで、先生が新しいことを足していったり、同じ動作をするけれど意識づけをしていくような工夫をされていくのが常なのかな?

【私も上達してきたか】
︎体の動き、呼吸の仕方に、ヨガをしている間、頭の中をどうしていくのかを足してきたということは、会員さんたちがそれを受け入れるだけ上達してきた、習得してきたと考えて良いのなら、私も上達してきたと考えちゃいます。それとも、ヨガにも流行があって、それを取り入れたということなのか。

【◯◯ヨガ】
町を歩くと「ヨガ」の前に「ホット」とか「ブレイン」という言葉が足されている看板を見かけます。以前はスポーツクラブでも「アロマヨガ」とかいうヨガを紹介していたので、ヨガに何かをプラスするとか、ヨガの中で何かに特化するという工夫をヨガ界?でもしているのでしょうか。ちなみに、ホットヨガは一度受けたことがありますが、私はたぶん普通に汗をかけるので、スタジオの温度を上げてヨガをするということにそれほど興味はわきませんでした。

【おんどせってい温度設定のの難しさ】
スポーツクラブで運動することで一番気に入っているのは、冷暖房完備していて、インストラクターさんがこまめに温度調節をしてくださることに感謝しているので、今後もホットヨガには近づかないと思います。そう言えば、あるとき、会員さんのおひとりが「寒い」とおっしゃって先生が冷房の温度を上げたことがあったのですが、私を含め数名が、ヨガでは珍しくタオルで顔を拭くという状況になりました。

【調整もしがたい】
「寒い」と自己申告した会員さんと話すようになってわかったことですが、その方は「寒い」ということを他のレッスンでも言っていました。たぶん、私や他の会員さんよりも寒がりなんだと思います。上着で調節してくださると、その他大勢の寒くない会員さんは助かると思うのですが、全体を冷やす冷房では、カーディガンをはおったぐらいでは寒さは防げないのかな?

【今回のまとめ】
①ヨガにも流行があるのかもしれない
②カーディガンには限界があるのかもしれない

ヨガは動いてこそ

【ヨガをさぼると】
ヨガのプログラムを少しさぼっていると、動く系のプログラムで体のブレを感じました。続けていくことが大切なんですね。週に3回ぐらい受けられるといい感じです。でも、どうしても動く系のプログラムのついでに受けて帰ろうかな?と思って参加しているので、もうちょっと意識づけして習慣にしないともったいないかな。

【ヨガへの誤解】
BS放送か何かで、ヨガの番組を見かけたことがありました。そこでは人間とは思えない格好を次々につないで動いていくヨガをしていたので、自分がそれをやってみたいとも思いませんでしたし、ヨガの効果も知りませんでしたので、スポーツクラブで最初にヨガのプログラムを見つけたときにも興味はゼロでした。しかし、時間の関係で入ってみようかなと思って始め、しばらくは何も考えず続けていました。

【ポーズがとれれば良い?】
始めた頃は、繰り出されるポーズを特に難しいとも思わず、呼吸も特に気にせずおこなっていたので、何も感じないという状態でした。でも、続けていくうちに、何かいいかもと思い始めていました。それから少し時間の長いヨガを受けてみようかと60分のヨガに挑戦してみましたが、それも特にどうとも思わず。

【受けると体がいい感じ】
しかし、ヨガのレッスンが終わってから、体の調子が良いのです。疲労はそんなにしていないのに、しっかり動いたなぁと思える。そして、続けていくと呼吸が深く出来ているんじゃないか?と気づくようになりました。これは私の人間ドックの結果として、肺活量が前年よりも上がったことで証明されるんじゃないでしょうか?五十路になって体力がUPするというのはあまりないでしょう?

【高音が出た】
鼻歌交じりに好きな曲を歌ってみると、出なかった高音が楽に出ました。すごい。これってヨガの効果だよね?とひとりではしゃぎました。ただ、翌日以降になるとまた高音が出なくなっていましたが。ヨガをしっかりおこなってからカラオケ屋さんに行ってみたいものです。ヨガって私には良いんだと思います。

【現時点ではこう思う】
ヨガを受け始めたときには、ポーズをとることが目標でした。でも、受け続けていくうちに、ポーズからポーズに移るときに、よろよろしないようにそぉ〜っと動いて、ポーズでじっと止まっていられたら良いのではなく、ぐぃ〜んと動いて、その動きの中でもよろよろしないようにしっかり全体で支えておいて行き着く先がポーズなのかな?と思っています。そう思ってからはそぉ〜っと動いていたときよりも、体が鍛えられる気がします。いいえ、実感しています。

【今回のまとめ】
①ヨガをすると肺活量が上がった。カラオケ行きたい。
②動きながら支えることが体を鍛えることに繋がる?

アキレス腱①

【痛み出す】
スポーツクラブに行ってマットを敷いてストレッチをしていると、右足のアキレス腱が何か痛い。左足首はまあまあの感じなのに、右が痛くなるなんてついてないと思いながら、ヨガ系のプログラムが始まったので様子を見ながらしていました。今日は特に負担のかかる動作はしなかったのですが、痛みは去ってくれません。この後にまだ受けたいプログラムがありましたが、ここは我慢が肝心と自分に言い聞かせて帰りました。顔なじみの会員さんがいると、「あれ?この後受けていかないの?」と呼び止められることもありますが、今日は会わなかったので、とぼとぼと下を向いて出てきました。


【思い当たること】

運動で痛めた記憶は全くない代わりに、前日の生活態度には思い当たること大有りです。ソファに座っていたのをさらに楽になりたくて寝転び、はみ出る足をテーブルの下に渡してある板の上に乗せていたような気がします。さすがにアキレス健を直接乗せた記憶はありませんが、その少し上はちょうど足を伸ばせば当たる部位なので、まず間違いない。自分の片足分の重量はアキレス健の上あたりにかけてしまっていましたね。まずかったな。運動と関係のないズボラな生活の為に、楽しみにしていたプログラムを受けられないなんて。大反省です。

f:id:enjoy-club:20170911075811j:plain

【スポーツマッサージ】
私は何年か前に筋トレかマッサージの本を買おうと思って探していて、目が止まったのがマッサージのほうだったので、この本を買っていました(今から7年前に発行した本です)。 ここに載っているマッサージは今日もスタジオの待ち時間にしていたぐらい気に入っているんですが、アキレス腱のマッサージだけは一度試したきり二度としないように封印してきました。と言うのは、他の部位同様に本を見ながら見よう見まねでマッサージをしたら痛みが出てしまい、治るのに数週間以上かかって困ったからです。人に話すときにも、「アキレス健はやめたほうが良いかも」と言っていました。さすが、ギリシャ神話で不死身の英雄アキレスさんの唯一の欠点「アキレス健」。小さな部位ですが痛めるとあなどれないのです。ちなみに、マッサージの本にはちゃんと買いてあるんですよ。「アキレス健は繊細な組織なので、力を入れすぎないように注意する」と。

【今後の予想】
昨日、自分のズボラからアキレス腱を痛めたわけですが、数年前の感じと似ているので、年をとった分、回復にはさらに日数がかかると思います。一ヶ月ぐらいみておこうと思います。運動は控えめに。運動するときはテーピングを試します。それにしても左足首に続いて右アキレス健もかばわないといけないとなると、歩きにくいなぁ。明日は仕事の研修で少し遠くまで行くので、スポーツクラブの日ではないけれどテーピングしていくことにします。

新しい人が入ったとき

【確認作業】
インストラクターさんがレッスンを始める前に、「初めての方はいらっしゃいますか?」と聞かれることがあります(中には聞かない方もいますが)。あらかじめスタジオに入るときに、入り口に立ってお迎えしているインストラクターさんに「初めて受けるんですけど」と自己申告している方以外は、レッスンが始まってから手を上げて申告することになります。いきおいよく挙げる方と、目立たないように挙げる方がいますが、それぞれどんなご心境なのかな?

【インストラクターさん気づいて】
インストラクターさんのほうでは一応スタジオを右から左まで見渡しながらこの質問をされますが、たまにインストラクターさんの視線が動いてから手を挙げる方がいて、認識されないままレッスンが始まってしまうことがあり、私は心の中で「インストラクターさ〜ん!後ろ〜。」と思っています。

【レッスン内容が変わる】
慣れている方だけのときは、前回のレッスンの続きを始めたり、一回ごとでレッスン内容が変わる場合でもすぐに始まりますが、「初めて受けます」という方が参加した場合は、インストラクターさんがレッスンの説明をしますし、内容に関しても繰り返しを多くするので、動いている時間が少なくなり、新しいことをする時間も少なくなります。つまり、レッスン内容が易(やさ)しくなるんですね。私にとってはこれも歓迎です。「私もこれに乗じて復習、復習」などと思っています。

【ちょっと物足りない】
ただ、運動量が足りないというのは終わった後で感じます。こういうときはどうしたらいいんでしょう。丁寧に動くとか、復習の良い機会と思っていますが、体には適度な疲労感が欲しいものです。エアロビクスのインストラクターさんが以前おっしゃっていたのは、同じ動きでも運動量を上げることが出来るというお話。それによると、心臓の高さがポイントだそうです。横にふら〜っと平行移動しているときと、ひざを曲げて体の高さを変えながら移動してるときとでは運動量が違うらしい。膝(ひざ)の曲げ伸ばしが加わるだけで、太もも(大腿四頭筋)をよく動かすことになりますから、確かにしんどくなります。結構なものです。

【今回のまとめ】
つまり、レッスン内容が慣れた人向けの日も、初めての人が入って易しめの日も、自分ひとりの体の動かし方を変えることで、好きな強度に設定出来るということですね。自分で強度を管理します。