スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

インストラクターさんに疑問

 【首が痛い朝】

朝起きたら首が痛い。思わず振り返って枕を見てしまいました。首が痛い原因が枕にあるかなと思ったからです。

 

以前、寝つくまでの間、枕の上にクッションを乗せて、少し頭を高くしながら時間を過ごし、眠たくなったらクッションを取り除いて枕だけにして眠る。という手順を怠って、そのままの高さで眠ってしまい、起床時に首が痛かったことがあるからです。

 

しかし、今回、枕は大丈夫。おかしいな〜と思いながらジムに行ってやっと思い出しました。前日のスポーツクラブで首を痛めたのです。

 

【筋トレ系で首を痛めた】

それは筋トレ系のプログラムで、運動中に首が痛くなり、途中からその運動のやり方に疑問を感じたので、それ以後は加減しながらおこなっていました。プログラム自体は良いと思って今まで受けてきましたが、当日のインストラクターさんには疑問を感じることがあります。

 

①姿勢が口で言っている通りになっていない。

→例えば「背筋を伸ばして」と言って、その姿勢を見せてくださるのですが、インストラクターさん自身の背筋が伸びていません。

 

②最初に言っている動き、負担以上の事を途中から足していく。

→「腹筋10回」と指示があって始まったとしたら、10回で終わらずに「もう1回、あと2回」になる。

 

③動いて見せてくださるその動きが、「それは力任かせにやり過ぎでは?」と思うことがあった。

→翌週以降は、そこまで動かさなくなったので、やはり1回目のあの動きは違ったのだろう。

 

書き出すと、改めて気づくものですね。

【何が問題か?】

①怪我をして出来ないとか、年齢を重ねて出来なくなったということではないのです。単に「そこまで到達していない」ということだと思います。それなら教えてもらうのは遠慮したいです。

 

②筋トレを本格的に習ったことはありませんが、「10回」と指示があれば、10回までで自分がバテるぐらいの力加減でします。それが気まぐれで変わっていくのは困るのです。

 

③私はインストラクターではないので専門知識があるわけではないのですが、それなりの年まで運動を続けているので、一般的に得られる知識は持っています。その知識で判断して「一回するだけで下手をしたら体を痛めるな」と思いました。

 

今まで疑問を持たなかったのが不思議です。さて、これからどうしましょう? インストラクターさんの指示に疑問があったときはそれには従わないという行動もとれますが、グループレッスンですからね・・・。レッスンに余計な緊張を持ち込みたくないし。

 

インストラクターさんの姿勢とか筋肉とか動きを見て、レッスン内容以上に学べることも私の楽しみなので、今後は別の先生のレッスンを受けることに決めました。早く首の痛みがとれますように。

 

 

求めよ、さらば与えられん

【フロアが寒い】

 昨日夜から今日の朝にかけては寒かったようです。JR信越線では雪で立ち往生し、列車の中で一番過ごされた方がいらっしゃったそうで、大変なことでしたね。
 そのようなことと並べて書くのは気が引けますが、スポーツクラブに行くと、フロアが寒い。一旦ロッカーに戻って、上着を持ってスタジオに入りました。今日はヨガを受けていたので、基本的には汗をかく運動ではありません。上着を着て始まったヨガですが、インストラクターさんが空調をこまめに調整してくださったこともあり、早々に上着を脱ぐことが出来ました。しかし、フロアに出ると結構な寒さということがあって、スポーツクラブ全体の空調は難しいものなのだなと感じた次第です。

f:id:enjoy-club:20180120144330p:image

【インストラクターさんの話しが重なる】

 さて、いくつかのレッスンを受けていて不思議なことがときどきあります。ダンス系のレッスンでインストラクターさんがおっしゃった注意点が頭に残ったまま、次のヨガとかエアロビクスのレッスンを受けると、さきほどのインストラクターさんとは別の方なのに、今日の注意点が共通していたという経験が何度もあることです。

 たとえば、上半身の安定という共通の注意点だった日は、ダンスのインストラクターさんは「腕があちらこちらと好きなように動いてしまっていてはダメ」というようなことをおっしゃいました。ヨガやエアロビクスのインストラクターさんは「体の中心に手を持ってくること」をしてくださいとおっしゃいます。「腕」と「上半身のバランス」は関係があるという点において、同じことを違う言葉で教えてくださっているように私は受け取りました。

 私だけかもしれませんが、自分でもわからないなぁとか教えて欲しいなぁと漠然とでも疑問を持ちながらレッスンを受けていると、インストラクターさんがいくつも話す指導の中から、「これは私が聞きたかったことだ」ということが見つかる気がします。同時に、自分はもうわかっているとか、興味がないことについては漫然と聞き流していまっている勿体無いことになっているかもしれません。

 インストラクターさんのお話をいつも集中して聞こうと思っています。聞いてもそれを実行出来ないのは仕方ない〜。

【今日のまとめ】

①知りたいと思っているとインストラクターさんが話してくれる?
②あますところなくインストラクターさんの話しを活用しましょう。

苦手な箇所は皆んな一緒

【まだお正月気分の1月6日】

まだお正月気分ですがスポーツクラブに行ってきました。年始の挨拶など数人の会員さんと交わしたり、「確か・・・ご挨拶はしましたよね?ね?」と言い合う会員さんもいたりして、ふわふわと和やかな雰囲気です。

 

今日はエアロビクスなどをしてきましたが、終わってから数名が共通の悩みを話していました。私も実はそこの箇所で間違えそうになりながら、踏ん張れたなという感じだったのですが。

 

間違えたあるいは間違えそうになったステップ

前半にいくつかのステップ→続いて1拍目から足をもも上げ→床につま先でつける→またもも上げして〜という動きです。特に難しいわけではありませんよね。数名の会員さんが難しいなと感じた理由は、「続いて」というところだと思うんです。

 

ステップが一旦完結していると安心しちゃうし、体もお休みしてしまうので、続いてのステップがちょっと気の張る動きだと、1拍目からついていけず、2拍目から動いてしまうわけです。

 

お正月休み開けということもあって、皆さんも私もそれほど体が動かないということとか、エアロビクス特有の流れを頭が忘れていたということもあった為とさせてください。いつもなら、出来ていたはず。

【今回のまとめ】

①休み明けは体も頭も本域ではないので出来なくても仕方ない

②一度失敗した動きは少し前から気を張っておけば成功するかな?

休みになると風邪をひく

喉が痛い

あけましておめでとうございます。新年早々こんなタイトルで恐縮ですが、今朝起きたら少し喉が痛いのです。大晦日から昨日まで毎日どこかに出かけていましたが、マスクも着用していましたし疲れもなかったので体調管理はしていたつもりですが、睡眠不足はいなめません。

 

仕事が休みに入るとか、スポーツクラブに行かない日になると体がそれまでの疲れを遠慮なく主張するのか、瞬時に気が緩んで風邪を呼び寄せてしまうのか、大抵は風邪の症状を感じる休日となってしまいます。それでも、日常の生活が戻ってくると気持ちも体もシャキッとしてくれるので、もうこんなものだとあきらめておとなしくしておくしかないのかな?

 

皆様、あと数日?のお正月休みを元気にお過ごしください。今年もスポーツクラブ仲間としてよろしくお願いします。

年末年始の自己管理

以前、インストラクターさんが、「お正月で太ってしまったのを戻しているところです。と話されていましたが私から見てもわかりませんでした。

 

私は年末は最後の日まで行ったので、まだそれはど運動不足を感じません。でもな~。やっぱり年始は体動かすのがきついでしょうね。

 

今年も元気に運動していきましょう。

少し成果が出てきたかな?

【あぐらの両足の高さ】

ヨガを始めるまでは、家であぐらをかくということはまずありませんでしたので、気になることもなかったのですが、私はあぐらをかくと両足が均等に開きません。以前、イラストで載せたのですが、片方は猫一匹分、もう片方はわりと開くのでハムスター1匹分ぐらいの高さが床から離れてしまいます。これは、両手でぎゅうぎゅう押さえつけてもこれ以上は床に近づきません。でも、ヨガを続けていくと少しだけ変化がありました。

【足が開かない理由】

自分でも、なぜ片方だけ足が開かずに床との距離が猫一匹分も離れてしまうのかな?とヨガの度に考えていました。自分なりの結論なのですが、それはやはり足の筋肉の「伸び」が片方だけ極端に悪いということです。ヨガで「がっせき」というポーズ?があり、両足の裏をぴったりくっつけて、そこから上半身を前屈することがあるのですが、その際にひざの上下の横が「ツー」というか「ピー」という痛みが走ります。だから、軽くマッサージしてからそのポーズを試してみたりしていました。そうすると、少し痛みがマシになります。この痛みはよく開くほうの足には起こりません。だから、自分としては、筋肉が原因じゃないかと。

【インストラクターさん曰く】

これはヨガのレッスンではないときにインストラクターさんがおっしゃっていたことなんですが、前後に足を開いて床にぴったりつけることが出来なかったけど、何かを床に置いて高さをある程度作ったところにあまり開かない足を開く練習を続けたところ、数ヶ月でくっつくようになったそうです。私はこの話を聞いたものの、それを試したことはありませんでした。でも、あぐらをかいたときに両足を同じぐらいには開きたいと思っているので、これに似た練習をときどきしていました。

【ハムスター2匹分】

今日、ヨガのレッスンが始まる前にあぐらをかいて両足の様子を見ていたところ、猫一匹の高さがハムスター2匹分ぐらいになったみたいです。これは、これはうれしい変化です。半年以上かかりましたが、継続は力というのは本当みたいです。ここからさらに進めるのかどうかはわかりませんし、最近見たネット情報では、関節の可動域について、動かせないのも問題だが、過剰に動くというのもまた問題みたいなので、よく調べてから練習していこうと思います。

【今回のまとめ】

①股関節、筋肉などについてよく勉強してから鍛えていきましょう。

施設の故障

スポーツクラブは、ビルの中にあります。入り口が1階で、スタジオが2、3階にあるといった施設だったりする。この施設のどこかに不具合が生じると、それが自分の利用する範囲で発生すると、少しだけ困ります。

 

通常、週に1日は定休日なので、メンテナンスは、その日に行っているようですが、営業日に発生した故障は、その日には直らないようです。時には、数月そのままということもあります。

 

私が見聞きしたものでは、こんなことがありました。

①シャワーの水(湯)が止まらない。

②シャワーがお湯の温度まで高くならない。

③おフロの温度がぬるいまま

④フロアが雨漏り?水漏れ?

⑤プールが白濁したまま

⑥スタジオの音響機器の不具合

⑦スタジオの空調の不具合

⑧スタジオの照明の故障

 

これから年末年始のお休みになりますが、今年の故障をお休み中に直してもらえたら良いな。でも、そうなると、お正月休み返上で働く人運が出てきてしまうので、それを望むのは我がままですね。

 

ひとつ、要望したいのは、スタジオに置いておく「ぞうきん」は、新年には新しいものに代えて欲しいなあ。気分的なものですけど。そういう意見を書く御意見箱がありますね。書いてみたら代えてくれるのかしら?