スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

右足が左足よりも長い?②

足よりもお尻が気になる

 

長座(ちょうざ)で座ると右足が長いように見えることから、膝の位置のズレ、そして坐骨の位置を観察したいが、お肉の中のことでわからないというのが前回の記事でした。しかし、座骨を探ることよりももっと大きなことが気になりました。私は床に仰向けで寝転がったときに右側のお尻が重く床につき左側のお尻が若干浮き気味。それから、ひざから足の指に至るまでが外側に開き気味に床についています。

 

 

風もないのにドアが開くみたいな?

 

そういえば7年ほど前に、長座で座ったとき、太ももの力を抜くと右足先だけがゆっくりパタンと外(右)側に倒れてしまうことに気付きました。自分なりに「これって、骨盤が開く?ずれる?とかいうことなのかな???」と気になりましたが特に何もせず放っておきました。そのことを思い出して観察してみたところでは、力を抜いてもパタンと倒れることはなく、何が原因で外旋気味になっていたのか、何が効いてそれがましになったのかもわかりませんが、たぶんあの頃よりかは直っているのだと思います。

 

 

私の観察の結果・・・外旋(がいせん)

 

ポーズに入る前後に、自分の体がどうなっているか観察する時間があったりします。インストラクターさんが「どちらかのお尻が、ふとももの裏側が、ふくらはぎの裏側がマットに重くついているということはありませんか?」と観察のヒントをおっしゃることがあって、それを言われたときにはいつも「右のおしりが重く床についているなぁ」と確かに感じていたのに、スタジオを出たらすっかり忘れていたことを、今、思い出しました。

 

右足の指先が左足よりも長いように見える原因は、物理的に右足が左足よりも長いわけではなく、左足がまっすぐ床についているのに対して、右足は股関節から外旋していてだらりと足が床についているので、筋肉がそれだけ伸びてしまっている分だけ左足の指先よりも向こうに出てしまっているというのが今のところの観察 結果です。

 

改善方法の模索

指先の長さを気にして足を引いてみたり、ひざの位置を左右で揃えてみたりすることは、まさに小手先の改善方法でしょう。諸悪の根源は、股関節の外旋具合ですから、まっすぐに座る長座のときは、外旋させないようにするということで様子を見てみます。ただ、逆に左足は右足ほど外旋出来ないという可動域の狭さがあるのか?という疑問も浮上してきました。

 

まっすぐにしたいときは外旋しないようにまっすぐに保つことが出来て、外旋したいときに両足とも外旋出来るようになったほうが良いですよね。

 

今回の話のまとめ

①私の右足は外旋がちで左足はまっすぐ

②右足はまっすぐに保てるだけの筋力を鍛えたい

③左足は外旋出来るような柔軟性を鍛えたい

右足が左足よりも長い?①

長座(ちょうざ)で座ると右足が長い

 

ヨガのレッスンが始まるときにインストラクターさんが「足を前に投げ出してください。」と指示されるときがあります。これは「長座(ちょうざ)」と呼ばれる座り方ですが、このとき自分の足の指などをぼ~っと見ながら「右足のほうが長い気がする」と最近思うのです。本当に若干、右足の指が左足の指よりも向こう側にあるんです。これを直そうと思って右足を手前に引いてみたりしますが、そうすると体が歪んでくる気がします。骨盤を押しても引いても思ったような足の長さに整いません。

 

体の左右が同じ人はいないそうですが、若干でも目に見える形で違いがあると気になりますし、ヨガは自分の体を観察してみましょうと毎回指示されるレッスンですから、直せるものなら直してしまって次の観察ポイントに進んでみたいのです。そこで、今日は自宅でゆっくり観察してみることにしました。

 

右足は長くない

自宅にはヨガマットがありませんのでフローリングの床に直に長座(両足を前に伸ばして座る姿勢)で座ってみます。やはり、右足の指が向こう側に・・・。いつも試しては挫折している骨盤の前後をさぐってみようと思って視線を動かしているときに、「膝(ひざ)」の位置もずれていて右膝が足先にズレていることに気付きました。膝の左右差を無くすように揃えてみると、指先のずれが解消されます。膝から 足指までの長さが左右で違っているわけではなかった。

 

坐骨をさぐってみるがわからず

膝の左右差を揃えてから、このときの骨盤を観察してみましたが、大きな骨の傾きを、しかもしっかりついたお腹の肉を通して観察するのはわかりにくい。仕方がないので座骨(ざこつ)の位置で見てみることにします。坐骨についてはヨガで座る姿勢をとるときに、「座骨をマットに突き刺すような感じで座ってください」と指示されますから、ヨガを始めてからはおなじみの骨です。インストラクターさんは「坐骨がわからない人はお尻に手のひらを敷いてみてください。飛び出している二つの骨が手に当たるでしょう?」と言いますが、続けて「お肉がついていてもわかるから。どうしてもわからなかったら言ってください。触ってあげます。」と笑わせます。

 

さて、坐骨の前後の位置が右のほうが前に出ているのかなと観察しましたが、これもわからずじまい。床に方眼紙でも置いて、坐骨の位置に印が打てたら見てわかるんだけど。

 

今回のまとめ

右足が左足より長いように見えるけど、物理的に右足が長いわけではなさそう。坐骨など体の中のほうの骨の様子を知るのは難しい。

利き目

めばちこ」か?

昨夜、仕事でまとめておきたいテキストをパソコンで入力していたら、思いの外、深夜になってしまい、やっと終わって布団に寝転がると同時ぐらいに左目に痛みが!

すぐに水で洗って鏡で見てみると、特に何ともなっていません。寝ればいいやと布団に戻りましたが、目を瞑っていてもうっすら痛い。その痛みも薄れてきたので目を開けてみると、白いモヤがかかっています。「あ〜まずいな」とまた鏡で見ると、白目が真っ赤で、糸引く白いものが目から出てきました。たぶん、外から入れちゃった汚い何かを、目がやっつけてくれた戦士たちなのでしょう。再度水で洗って、すぐに寝ました。

 

眼医者さんのお診立て(おみたて)

翌朝様子を見ましたがまだ治っていません。仕方がないので予定を変えて目医者さんに行きました。目医者さんのお診立てでは、

①「めばちこ」ではない。「めばちこ」が出来るのはまぶた。傷がないか下まぶたに試薬?入れてもらったり、まぶたを押さえたら痛いかどうか確認されたり、上瞼(うわまぶた)をめくって見ていただきました。

②白目がぶよっとしているのでステロイドの目薬Aを出してもらいました。

③アレルギーを持ってるかどうか聞かれ、よくよく考えていたら鼻炎があったなと話していたら、「そういうときに目もなる人いるよ。」とのこと

④通年でも使える目薬Bも出してもらいました。これは大丈夫となっても使っておくものだそうです。

ということで、目薬生活始まりました。

「目をこすらないで、水で浸した脱脂綿かタオルで、まぶたをそっと押さえるの。こすらない。損だよ。」と子どものように諭されて、「心配ないよ〜。」と見送られました。

 

 

早速、2種類の目薬をさすと、白いウミ?目の戦士の遺骸?が少し目尻に出てきて、優しく拭き取りました。まぶたが腫れぼったいのと、目の下の縁が微妙に腫れてる?うねってる?状態ですが、自分なりには目を安心して開けられるようになりました。

 

片目で歩く

家から眼医者さんに向かう道は、痛みがあるわけではありませんが、100%開けきらないような感触があるので左目(あ〜、また左か。左が弱いな)を瞑って歩いていました。そのときに思いだしたのは、目にも利き目というのがあるという話。ネットで調べてみたテストをしてみましたが、右目になったり左目になったりしてよくわかりませんでした。しかし、両目で見ているものを片目で見直した時に、右目だけで見るとズレてしまい、左目で見るとほぼズレないので、左目が利き目なのかな?もう少し調べてみます。それにしても片目でもそれほど不自由には感じずに歩いていられました。

 

目の使い所

ダンス系のプログラムに参加しているときに、いろいろなターンをします。得意ではないのでターンが終わった後に少し足を踏み直すぐらい体がぶれてしまいます。インストラクターさんは「顔をきってください」という独特の?言い方でターンのときの顔の向け方を指示しますよね?自分で調べてみると、ターンする前と後で一定の場所を見ておくことが大切らしく、それも目をしっかり見開くのが良いようです。私の親が目についている筋肉を引っ張る手術を受けたことがあるんです。目にも筋肉がついているって当たり前のことですけど、意識して動かしていないので気にしたことがありませんでした。目が治ったら、くるくると意識して目を動かしてみます。

 

どちらの足をいつ踏む

マーチの足

私が小学生の時、一人一人先生の横に立って、行進の曲を聴きながら、サッと足踏みを始めることが出来るか?というテストがありました。たぶん運動会の入場行進の練習だったのでしょう。先生に教わったのか、自分で考えたのかは忘れてしまいましたが「強く打った拍子の時に左足を踏む」と覚えて、テストに合格しました。ちなみに運動会で活躍したことはありません。走るのは遅かったです。今のように運動をちゃんとしていたら、もう少しは速く走れたかも。

 

エアロビクスの足

さて、スポーツクラブで一番最初にエアロビクスを受けた10年近く前に「エアロビクスは踏む足が行進の時とは逆になっているなぁ」と驚いたのを覚えています。それから慣れるまでの間、インストラクターさんが「入れるところから右足で歩いてください」と言って曲をかけ直した時などに「え〜っと、(行進とは)逆。逆。」とわざわざ頭の中で動かす足を入れ替えていました。

今日、エアロ系のレッスンを受けていて、そのことを思い出していて、改めて曲を聞いたり動きを確認しました。

①強弱がずっと繰り返す曲ではない。つまり行進曲ではない。近々、夏の高校野球大会があるので注意して見てみよう。

②音楽が始まったら右バージョンの時は右から踏んでいる。前奏があり歌詞が始まる場合は、その歌詞が始まる音で右足を踏む。第一小節から右左右左と踏んでいくと書いたほうが良いかな。

 

右バージョンがあれば左バージョンがある

ところで、エアロビクスは右足バージョンをしたら左足バージョンもありますよね?例えば、右足から始めるステップタッチ→マンボ2回→ピボットターンまでがひとかたまりだとしたら、続いて左足からステップタッチをして次に左足でマンボを…としていきます。

 

 

反復して練習している時は、右バージョンをしてから左バージョンをします。その切り替えの時にインストラクターさんが何かひとつ動きを入れます。すると、右足から踏んでいた動作があら不思議、左足から踏めるようになります。エアロビクスはレッスン中に足を止めないようになっているので、右バージョン終わったら足を止めて、さあ左足から歩きましょうとはなりません。動き続けたままで、右スタートから左スタートに切り替えるためには、ひとつ動きが必要だと。

 

 

振り付けを覚えてから通しで動くときは、完全な対照の動きになっているということは、あのひとつの動きを入れずに切り替えが出来ているわけですね。どうやって?あれ〜。簡単な話なのかな?またレッスン受けながら解明しよう。

 

 

 

 

 

足の指が攣る②

足の指が攣(つ)る②

 

今日も足の指が攣(つ)りました。偶然か必然か足首を痛めているほうの左足です。今までも攣ったのは左足だけですから、何か原因があっていろいろ弱い足なのかもしれません。

 

 

スタジオ内で軽い筋トレをしているときでしたが、インストラクターさんが指示した姿勢になったときに予感はありました。「あっ、痛いな。ちょっとこの形で力を入れ続けるのはまずいな。100%はしないように」と加減をしましたが、それでも攣っちゃいました。

 

姿勢を変えたときに恐る恐る見てみると、人差し指と中指が離れたまま固まっている。それを見て私が思い込んでいた2つの間違いに気づきました。

①指は交差して攣っている

②私の足の指は開かない

 

 

 

 

足の指は開くもの

 

実際には、指一本分ぐらい開いていました。じゃんけんのパーの形が、その人差し指と中指の2本だけ出来ているという感じです。今までヨガのインストラクターさんが「足の指は手の指同様に動かせるんですよ」とか、「親指、小指、その他の3本指を別々に動かしてください」という感じの指示を出していましたが、私には難しかったので無理無理と思っていましたが、攣ったとはいえ、足の指はここまで動くことは可能なんですね。

 

偶然、今日、インストラクターさんが足指の使い方について雑談でおっしゃっていましたが、歩き方が指の使い方に影響を及ぼすし、指の使い方が歩き方に影響を及ぼすんだな〜と感じました。靴の中の動きですから、普段は見えませんけど、ちゃんと使えば出来る子!

 

 

腓腹筋を痛めた過去

 

今から10年ほど前に腓腹筋を損傷したことがあり、整形外科で一ヶ月ほど痛めた方の足を軽く固定されて日常生活を送りました。その固定していたプラスチックのような板状の物をはずして普通に歩き出したときに、「どうやって歩いていたか?」がわからなくて、自宅前の道で足元を見ながら困りました。

 

特にわからなかったのが、踏み出した足が体の後ろにいってから、どこまで足の指を地面につけて、そして離していたのかということです。多少の痛みが残った中で動くので、おっかなびっくりだったことも影響していたのでしょうが、どこらへんで蹴っていたかの正解を誰か教えて〜という感じ。

 

数週間後に何とか歩き方を再現することが出来ましたが、大きな腓腹筋という筋肉を動かす動作であっても、足の指という短い筋肉の動きに至るまでをきちんと繋げていかないと、まさに一歩も進めないということですね。

 

 

 

 

曲(動作)の速さ

足首の痛みやら上半身の捻(ねじ)れなどに気をつけながら歩いているのですが、ちょうど良いテンポの曲があったら歩きやすいだろうなと思います。繰り返し聞きますし、集中して聞いているわけではないので、その曲オリジナルのテンポでなくても構いません。私の歩く速度に合わせて再生してくれたら。欲しいのはぴったりの速さです。

心拍数を測るモバイルの物は世の中にありますから、そこに音楽の再生速度を連動してくれたら最適なんでしょうが、新たに物を買うのはちょっとキツイ。精度は落ちるかもしれませんが、私がエッサホイサと歩く速度と連動してくれたら良いのかな?スマホとそういうアプリがあればOKですものね。後で探してみることにします。

伊集院光さんが以前ラジオ「深夜の馬鹿力」で心拍数計のことを話していらっしゃいましたが、私の家族が10年ほど前に、買っていました。最初に買った物は、心臓の高さにバンドか何かで胴体に巻きつけていました。次に買い替えた物は腕に巻いていました。それ以降は飽きたのか買っていないようです。私は興味が無いので見ることもしませんでしたが。

さて、エアロビクスで動きの練習がある程度済むと、インストラクターさんが「曲のテンポを少し上げますよ?いいですか〜!」と機械を調整することがあります。「どのぐらい速くなるんだろう?」とちょっと身構えつつ耳をすませていますが、収録されている歌声が高くなるとか、私達がバタバタと足を踏み直すほどの変化はなく、「変わった?まだ変わってない?」ぐらいの本当に微妙〜な変化です。たぶん、インストラクターさんがこっそり変えてしまえば私は気づかないでしょう。あのぐらいの変化でもわざわざ速くする理由は何かな?

例えば、そのレッスンに設定されたレベルで決まっている速さがあるのかな?それとも、レベルに関係なく体にとってこのぐらいの速さで動くのが有酸素運動にとっては好ましいということがあるのかな?でも、私が体感する限りでは、本当に微妙なぐらいしか速度が上がらないので、どちら理由でもない気がします。謎。

エアロビクスのレッスンでかかっている曲は、私でも知っている有名な曲もあるので、そのオリジナルも聞いたことがありますが、スタジオで流している曲は、再編集されているのか速度が速くなっていますよね。やはり、速さには意味があるのでしょう。これから参加する時は、速さと自分の体の関係にも注目してみたいと思います。

 

ヨガレッスン①

複数のダンス系インストラクターさんのレッスンを受けてみると、人によって教え方が違い、私の満足度に差が生じているという話を書きましたが、ヨガでも同様だなと最近思います。でも、ヨガの場合はレッスン内容がインストラクターさんに任されているのか、始まり方も違えば終わるところまでいろいろ違うので、比較対象にならないかもしれませんが。

私が好きなヨガは、今、何を目的として体のどこをどう動かすのかを逐一説明してくださるレッスンです。どう動き出すのかで戸惑うことがなく、動いている間はどこの様子を観察しておけば良いのかがわかるので、自分の体の内側に意識を向けることが出来ます。

動作を止めて説明するということがほぼ無い進行なので、ずっと呼吸を気持ち良く繰り返せますから、レッスン前後で比べると深い呼吸をしている自分を実感出来ます。昨年に比べて、人間ドックで肺活量が増えたのはヨガのおかげでしょう。中高年になってから体の機能が高められるなんて!

私が物足りないヨガは、動きを止めて説明が入ることで待ち時間があったり、たまに言葉での説明がわからなくてインストラクターさんを確認しなければならないのに、インストラクターさんがスタジオ内を移動中で、結局動きがわからないということが起こるレッスンです。集中出来ているとは言い難く、気が散っています。たぶん、そういうときの呼吸は浅くなっているでしょう。

また、インストラクターさんがレッスンの最初に説明する話を聞いてみると、難易度があるみたいですね。エアロビクスのように3段階とか4段階といったレベル分けではなく、「このヨガはしっかり動く」とか、「リラックスが目的」というような、私には分かりにくい分け方です。私は始めたばかりなのでしっかり動きたいのですが、スポーツクラブに行ける時間は限られていますから、参加出来るレッスンの目的に自分が合わせていって楽しもうかと思います。

始めるまでは、良いのか悪いのかわからないものだという認識だった「ヨガ」ですが、続けてみれば健康に良いものだということが私的には証明出来たので、来年の人間ドックでもその効果が出ていることを楽しみにしながら、レッスン内容に私から乗っていく気持ちで続けていきたいと思います。

そのうち、インストラクターさんの存在さえ意識の外に出ていって、自分の動きや呼吸に意識が向けられるものなのかもしれません。ヨガっていうものは。