スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガ、ダンス系のスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガ、ダンス系を楽しんでいます

重心①

レッスンを受けているとき、私が時々話す知人がとてもやりにくそうにしています。どうしてやりにくそうに見えるのかなあと思って考えました。①音楽に遅れている。②しっかり重心移動ができていないので、どっちに行きたいのか体がわからないままずっと動かしている。の2つぐらい原因がありそうです。

 
自分のことを省みてどうかということですが、
①音楽に遅れているということは無いつもりです。結構、そのあたりは注意して聞いていますし、ぴったり合わせて動くことが気持ち良いと感じているので。ダンス系のプログラムのときに、インストラクターさんがあえて後追いで動いてみても良いですよとおっしゃるときがありますが、それはあまり好きじゃない。でも、やってはみます。
 
②しっかり重心移動ができていない。これは私にとっても課題です。エアロビクスのVステップの重心のかけ方がわからないのです。右足からのVステップだとして、足を揃えて立っている姿勢から右足を持ち上げて右斜め前に踏み出しますよね。このときにかかとから着地するということはわかるのですが、つまさきまで踏み込んだときに、体の重心は左右に分かれた足の中心で良いのか、踏み込んだ右足にやや乗っているのが良いのか、左足のほうにやや残っていたほうが良いのかということがわからない。
 
わからないままやっているので、毎回どうなんだろうかと頭の中で考えますし、正解にたどりついていません。試行錯誤していると、足の広げ方がどんどん大きくなっていき、足を揃えて戻すときに大きなエネルギーを使います。
 
私たちは2本の足で立っています。その2本の足の真ん中あたりに重心がある、そこが中心であるということなんだろうと漠然と思います。でも、頭や上半身の角度によっては、必ずしも両足の真ん中が重心のある点というわけではないはず。エアロビクスのVステップをするときに右足の股関節を広げて前のほうに出すときに、股関節から上の上半身と頭もある程度移動していくわけで、ずっと体を残したまま足だけふわっと出してふわっと床につけているようなタッチの感じではないでしょう。
 
また、公園から「帰りたくない」と駄々をこねている子どもをお母さんが腕だけ引っ張っている時、お尻が完全に後ろに残っている感じになりますが、Vステップをするときにそれに似たようなことをすると、それもVステップではないはず。足だけ出すのでもなく、お尻が残ってしまうのでもない感じ。それを目指せれば、足の動きに上半身がうまく乗っかって、タッチだけする横着Vステップや、お尻が残るVステップにはならないと思います。いつかインストラクターさんに聞いてみたい。でも、着替えだトイレだ知人とのおしゃべりだに夢中になっていて、なかなか・・・。
 
さて、①音楽に遅れている。について思い出したことがあります。一度だけあったのですが、エアロビクスをしていて、曲が間奏に入ったとき、それまでリズムを刻んでいた音が消えて、とても変わったアレンジが始まりました。そのときはインストラクターさんが、「あーここに来ちゃった。」と言いながら、いつもは言わないカウントを口で12345678と言ってくださいました。私以外の方もちょっと動きが不穏になっていたのでとまどっていたのはみんな同じだったようです。
 
音楽にはちゃんと乗っていく。重心もちゃんと乗っていく。そんな風に出来たらいいな。