スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガ、ダンス系のスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガ、ダンス系を楽しんでいます

患部に冷房は悪影響か?

【冷房で痛くなる】
昨日は左足首が痛くなりました。スポーツクラブから帰宅する間に買い物をするためにスーパーマーケットに寄りまして、荷物がさらに増えた状態で、冷えたスーパーから暑い屋外に出て数歩歩いたときに、ギュっと痛くなったんです。一歩一歩が辛(つら)くて、一旦立ち止まりたいぐらい。


【膝も足首も痛くなる】
実は、以前にも似た様なことが数回あるんです。そのときは足首ではなく右膝に痛みを感じる日があるという時期でした。スポーツクラブで動く→暑い屋外に出る→冷えたスーパーに入る→膝(ひざ)が痛くなるという具合です。そのときに思ったのですが、スーパーマーケットって、冷やしすぎじゃないかと。そして、数秒で真夏から冬ぐらいの寒暖の差が激しいところに出入りする状況は、痛めている体の箇所には良くないのではないかと。ただ、昨日に限って言うと、いつもはしていない動きをしたので、足首にいつも以上の負担はかけていましたので、この痛みが冷房のためだけとは言い難いのですが。


【軽いショック状態】
病気や怪我をしたときは、体の痛みと同時に精神的にもショック状態に陥(おち)っていると聞いたことがあります。実際、病気や怪我をしたときに楽しいという気持ちは持ちませんよね?「わ〜。やっちゃった。明日の仕事、 行けるかな?」とか「数日後にまた運動の機会があるのに、そのときまでに治るかな?」とか思います。自分の準備不足や実力不足、老化を嘆(なげ)くようなところまで気持ちが下がってしまうことも。スポーツクラブで元気に動いて、知人と楽しくおしゃべりをして帰ってきたのに、痛みがぶり返してしまうと、「台無しだよ〜」と思ってしまいました。冷房憎し。でも、暑い中で涼を求めて入ったというところもあるので痛し痒(かゆ)しです。

でも、おかしなもので、帰宅したら足首を氷冷剤で冷やして処置するんですよね。やはり冷やすという行為は必要かと。そして炎症を抑える塗り薬も塗っておきました。今日は違和感が残っている程度で歩けます。たぶん動けるでしょうが、今日は安静にしておきます。


【まとめ 局所的には冷やすが全体的には温める】
一連の出来事から考えますと、受傷したとき、またはぶり返したような時は痛む患部をすぐに冷やす。でも、その 後は温めると言うか、靴下以外に「保温」のためになにかで覆(おお)うほうが良いのかもしれません。そして必要以上の温度変化に患部を晒(さら)さないようにしてみようかな。
確かなことはわかりませんが、冷えたスーパーマーケットは鬼門だな。