スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

スポーツクラブに通う意味①

【「自称・超能力者」も健康を気遣う】

昭和の時代に日本で一大ブームを起こしたユリ・ゲラーという方がいらっしゃいます。元マジシャンでブームを起こした時は超能力者という触れ込みになっていたと思います。スプーンを曲げる、動かなくなった腕時計を動かすというようなパフォーマンスを見せてくれて、昭和っ子たちは「超能力だ。すげぇ」と大騒ぎしたものです。給食の先割れスプーンを曲げようとした小学生もいたと思いますよ。この摩訶不思議な感じでマスメディアに出ていたユリ・ゲラーさんがブームが去った後とはいえ、広い自宅でトレッドミルに乗って走っている姿を取材されていたのには幻滅した記憶があります。「超能力者も健康に気遣うただのお金持ちじゃ〜ん。普通だ〜。」と。私がかなりユリ・ゲラーさんに夢を抱いていたってことですね。

【自宅で運動は可能か?】

私はスポーツクラブに通う以前に、太り過ぎを自覚していたので有名な運動器具を真似たような、お値段の安価な物を通販で買っていました。トレッドミルだけど電動ではなく自分の力で動かすものでしたが、電動ではないから歩いて動かすのに力が必要です。運動していない状態でそういうハードなものを買ってしまって使いこなさせるわけがない。一ヶ月ほど使ってみましたが続きませんでした。でも、電動となると高いんですよ。それは断念しました。他には立ってスキー板みたいなものを漕ぐものや、寝転んで足を乗せて左右に電動で動くものも買いましたが、すぐに飽きてしまいました。そうそう、「ダンスダンスレボリューション」の踊れる巨大パッドも買ってやってみましたが、住宅事情を考慮すると、あまり使えませんでした。飽きるもしくは思いっきりは動けないということは自宅でひとり運動の超えられない壁?かもしれません。

f:id:enjoy-club:20170819100354p:plain

【導かれるようにスポーツクラブへ】

家族が先にスポーツクラブに入会したことと、私が尿管結石になったこと、さらにストレスがたまっているなと痛感していたことが重なって、スポーツクラブに入会することにしました。そのスポーツクラブは現在通っているところとは違いますが、すご〜く痩せました。スタジオでインストラクターさんと会員さんとで撮った写真を見ると、今よりも細いです。ダンス系のプログラムが効いたんですよね〜。しかし、そのインストラクターさんが私の通っている店舗からはレッスンが無くなってしまって、それを機にスポーツクラブ自体を辞めてしまいました。

【自宅では続かない】

ダンス系のレッスン内容は覚えていて「自宅でも続けていける」と思っていたので、音楽をかけながら何回かはやっていましたが、週に一回たった一時間を続けることが面倒で数ヶ月も保たずに踊らなくなりました。そこからは案の定、太りだしました。スポーツクラブに通うのは時間も場合によっては交通費もかかるかもしれませんが、行けば確実に体を動かすことになるので暴飲暴食さえしなければ痩せないはずがない。気の合う知人が出来れば「今日は休もうかな?」と思うときも「でも、行けば楽しい人に会えるわ。」と重い腰を上げる気持ちにさせてくれます。なかなか上達しなくても、めきめき上達していってもどたらも飽きることを防(ふせ)いでくれます。また、スポーツクラブへの往復だけで軽い運動になっているのも見逃せません。