スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

足首の回し方

【良い悪いがわからない】
「左足首がよく痛くなる」ということを書いてきていますが、運動した日や次の日も痛くならないという有難いこともあります。エアロビクスのインストラクターさんは「手首、足首をまわしてくださ〜い。」と声をかけてからレッスンを始めることが多いのですが、「特に不調を感じる部位がない状態」の日に、どの程度まで足首を動かして良いのかがわかりません。

【わからないままそろりとやる】
運動を始める前に私はスタジオに座り、足を持ち上げてマッサージをしたり足首を軽くまわしたりしてから立ち上がっていますので、インストラクターさんが「足首〜」の声かけをしてくださったときにはすでに足首は何回かまわした後なんです。ここでさらに、床につまさきを押し付けてぐりぐりと足首をまわすことは必要なのかな?私には負担が大きいかなということを、怪訝な顔をしながらそろりそろりと回しています。

【足首を回すとは】
ちょっと戻って、インストラクターさんの考える「足首を回して」という行為と、私がやっているぐりぐりと押し付けるが同じなのかということですが、一応、インストラクターさんの真似をしているので、形は同じはずです。ただし、力加減は見ただけでは正確にはわかりませんよね。インストラクターさんはごく軽く回していらっしゃるかもしれないし、鍛えているからぐりぐりと押し付けても大丈夫なのかもしれないわけで。ヨガの場合は床に仰向けになって手足を天に向かって伸ばした状態で回すので、重力があまりかからないですね。あれは負担が少なくて良いかな。

【微妙な状態は参考例が無い?】
怪我をしました→リハビリをしましょうという流れだと医師の指示や一般論で参考にさせてもらえる話がありますが、私のように微妙な状態から良い状態にもっていきたいときには、参考になるものがありません。普段の生活、運動するときの準備などをどちら方向にやっていけば良いのかということは、自分の体に聞いていくしかないのかなと思います。

【今日のまとめ】
①足首はそろりと回す方法を継続する
②引き続き、足首の負担を減らす体幹の保ち方を研究する