スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

左足に新たな不具合

左足指が重なる

インストラクターさんが「靴の外側が減る方は〜」と、まさに私の特徴に言及した話をしてくださったことで、それによると、歩き方は膝(ひざ)まで関係するそうです。やはり改善したいと思いました。

 

ところが、体重が外側に乗ってしまうことや、左足首の関節の痛みをかばおうとした歩き方(私にすればこれが正しい歩き方ではないかと思う)を心がけていたためなのか、新たな問題が生まれてしまいました。これもまた左足なのですが、足の裏が痛み出したのです。

足底筋の炎症とは思えず

ジャンプをする動作を多用すると、足の裏いわゆる土踏まずのあたりが炎症を起こして痛むというのは聞いたことがありますが、そういう痛みではありません。ここに以前書いたことがあると思いますが、私は左足の指が何かの拍子で「攣る(つる)」ことが昔からあります。左の足の中指が薬指の上に重なりかける感じになり、その痛みと似た感じのひきつるような、足の裏の肉がぎゅうぎゅうの小さすぎる靴の中で寄っているような痛みです。(靴は小さくありません。むしろサイズは1センチ大きいぐらい)

 

また、左足の指を動かしていると、中指の腹の部分が「ピッ、ピリッ」とひきつるように痛むときがたま〜にありました。この「攣る」と「ピッ、ピリッ」にプラスして足裏の半分ぐらいまで痛みを感じるようになったのです。

左足裏まで広がった痛みを検証

これらの痛みを自分なりに、足の指をほぐしながら湿布など貼りながら筋肉の本を片手に考えてみました。素人なりに原因を探ります。
症状 左足の裏の前半分あたりに起こる痛み
発症する時 運動靴を履いて数百メートル歩く
発症したときの足の状態 靴を脱いでみると、中指が薬指に重なりかかっている。ほぐすと戻るが、痛みが起きたことがない右足指と比較するとなんとなくまだ寄っているように見える。
処置 指をほぐしてしばらく安静。足の裏の肉は見た感じではひきつっている感じではないので湿布をぺたりと貼っておく。 
再発予防法 足の指が正常な位置にいるように、百円ショップで購入した指にはめるゴムを中指と薬指にはめる。就寝時に気になったので薬指の分だけはずす。

f:id:enjoy-club:20171126055126p:plain


予後 まだ翌日ですが、起床してから薬指にもまたゴムをはめて、中指と薬指が重ならないようにしてあることと、自宅でパソコン作業をする日にあてているのでほぼ歩かないためか、痛みは再発していない。

 

小さなパーツに感謝

手の指も足の指もそうですが、普段は意識していないのに、小さな怪我をしただけで日常生活が不便に感じられます。こんな話を書いていたら、左足指にはめているゴムがその存在感を足に伝えてきました。意識するって、筋肉を鍛えるときだけでなく、こんなときにも脳に届くんですね。これを振り付けを覚えることに使いたいのですが。

【今回のまとめ】

①元からあった不具合は、体を使うほど表に出てくる