スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

少し成果が出てきたかな?

【あぐらの両足の高さ】

ヨガを始めるまでは、家であぐらをかくということはまずありませんでしたので、気になることもなかったのですが、私はあぐらをかくと両足が均等に開きません。以前、イラストで載せたのですが、片方は猫一匹分、もう片方はわりと開くのでハムスター1匹分ぐらいの高さが床から離れてしまいます。これは、両手でぎゅうぎゅう押さえつけてもこれ以上は床に近づきません。でも、ヨガを続けていくと少しだけ変化がありました。

【足が開かない理由】

自分でも、なぜ片方だけ足が開かずに床との距離が猫一匹分も離れてしまうのかな?とヨガの度に考えていました。自分なりの結論なのですが、それはやはり足の筋肉の「伸び」が片方だけ極端に悪いということです。ヨガで「がっせき」というポーズ?があり、両足の裏をぴったりくっつけて、そこから上半身を前屈することがあるのですが、その際にひざの上下の横が「ツー」というか「ピー」という痛みが走ります。だから、軽くマッサージしてからそのポーズを試してみたりしていました。そうすると、少し痛みがマシになります。この痛みはよく開くほうの足には起こりません。だから、自分としては、筋肉が原因じゃないかと。

【インストラクターさん曰く】

これはヨガのレッスンではないときにインストラクターさんがおっしゃっていたことなんですが、前後に足を開いて床にぴったりつけることが出来なかったけど、何かを床に置いて高さをある程度作ったところにあまり開かない足を開く練習を続けたところ、数ヶ月でくっつくようになったそうです。私はこの話を聞いたものの、それを試したことはありませんでした。でも、あぐらをかいたときに両足を同じぐらいには開きたいと思っているので、これに似た練習をときどきしていました。

【ハムスター2匹分】

今日、ヨガのレッスンが始まる前にあぐらをかいて両足の様子を見ていたところ、猫一匹の高さがハムスター2匹分ぐらいになったみたいです。これは、これはうれしい変化です。半年以上かかりましたが、継続は力というのは本当みたいです。ここからさらに進めるのかどうかはわかりませんし、最近見たネット情報では、関節の可動域について、動かせないのも問題だが、過剰に動くというのもまた問題みたいなので、よく調べてから練習していこうと思います。

【今回のまとめ】

①股関節、筋肉などについてよく勉強してから鍛えていきましょう。

②実は、親元で暮らしているときにハムスターを飼っていました。可愛いですよね。