スポーツクラブ 〜体の使い方を身につけたい〜

スポーツクラブに通っています。エアロビクス、ヨガのスタジオレッスンに入っています。筋肉トレーニングは自宅でのみしています。

日々通うスポーツクラブでエアロビクス、ヨガを楽しんでいます

うれしい変化

【仰向けで寝る】

ヨガのときに、マットを敷いてその上に仰向けで寝転ぶときがありますよね。インストラクターさんから「体がどうなっているか観察してみましょう。」と指示があるので、その声に従いながら目を瞑(つむ)って頭の先からつま先まで、「力が入っている」とか「(左右に)開いている/開ききっていない」というようなことを観察しています。

 

昨年末(先々月)あたりに気づいたことなのですが、うれしい変化がありました。私は左右で足の開きが違います。足を曲げて座ったときに、右足と床はハムスター一匹分ぐらいしたすきまが出来ないのに、左足と床は猫一匹分ぐらいのすきまが出来てしまうことでわかりました。

 

この猫一匹分のすきまが、ハムスター一匹分とは言いませんが、二匹分弱ぐらいに狭くなりました。床にぺったりくっつくところまでは全然いきませんが、ヨガやストレッチ系のプログラムを半年前から増やして受けていることの成果なんじゃないかと思います。

 

実は、ヨガマットに寝転んだときに、骨盤とふともものあたりの「床とのくっつき具合」が、それまでの右側だけ重いというものから、骨盤の形を認識するぐらい全面がくっつくようになっているのがわかっていて、「これはもしかしたら?」と思っていたのです。

 

ただ、スポーツクラブに行かない日に机に座ってパソコンなどを触っていると、右足の上に左足を組んでしまいがちで、たぶんこういう姿勢が左側が床につきにくい原因を作り続けているのだと思うのです。

 

【今回のまとめ】

①左足の開き具合が右足のものに近づいてきた

②椅子に座るときは足の組み方に気をつけよう